お給料がいいことで気持ちにも余裕が出た

給料が良くて気持ちにも余裕が出た私は、長年看護師として働いていました。看護師として就職をした時は、つらいこともたくさんありましたが、お給料のことを考えると、その内容についての乗り切ることができました。特に新人の時は、ほかの職種の友人と話をしてると、私のお給料がダントツに良いので、そのことが優越感となっていたのです。

また新人の最初の時は、夜勤をすることがなかったので、ほかの先輩看護師のお給料と比較をすると、少ないと思っていたのですが、夜勤をし始めたら、そのお給料がぐっとあがってきたのでした。そのため、夜勤をすると、お給料が増えるということを知って、夜勤をすることも辛いと思うことが少なくなりました。

若い時は、遊びたいとか、ほかの職種の人と休みが合わず、遊ぶことができなかったりすることもありましが、その他のことを思うと、看護師として働いてきて良かったと思うことがたくさんあります。それは、お給料が良いことで、自分が好きなものを購入できるということです。学生の時だったら、考えられないくらい贅沢な買い物をすることができました。また、休みの日には、旅行に行くこともお金の心配をすることなく、計画を立てることができました。そんな風に、行動できたのも、看護師として働くことが出来手いたからだと思っています。

そのことから、気持ちの中でもゆとりをもつことができました。それは、お金のことで悩むことがなくなったからです。そして自分の仕事に対して、誇りをもつこともでき、やっぱりお給料が良いということは、気持ちの面でも変化があると思ったことでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>