ピアノ教師から楽しい在宅ワークへ

今の仕事を始めた時には、こんなに大変なことが起きるとは思いもしませんでした。大変なことが起きると言うのは、トテモ辛いという意味なんですが、、。音楽教室の講師をしています。教室は色々な場所に点在していて、楽器店がピアノや電子オルガンを売りたいために、とにかく教師を一人でも多く集めて、あちらこちらのお教室へ講師を派遣するというやり方です。

仕事を選ぶ時に、ピアノと電子オルガンの講師資格を持っていましたので、其れを生かしたいと思っていました。どうしても経済的な面でもそうですし、仕事をするなら汚れ仕事よりもいいし、時給もいいと思いました。

辞めたいと思うようになったのは、車の運転免許を持っていないので、バスや電車を利用して、交通の便の悪い田舎の教室まで行くのです。断れないこともないけれど、交通費が出るので、引き受けました。しかしバスの本数が少なくて、乗り遅れると一時間待ちになるのです。

もう雨の日とか台風の日や、雪の降る日もあり、辞めたい、辞めたいと思う気持ちが募りました。生徒達は可愛いいのだけれど、家事もやり、その上、生徒の都合に合わせたりすると、帰りが遅くなることもしばしばでした。

自分の資格を生かして、ちょっと講師といわれるのもカッコイイしなんて思った仕事ですが、矢張り10時ごろから3時ごろまでの仕事でも良いかなと思うようになったのです。

ですから今は、パソコンも出来るので在宅ワークに切り替えました。音楽は趣味で楽しんでいます。大変な仕事なら辞めて、自分も家族も楽しく暮らせる仕事に切り替えたほうが、幸せだと思います。